温泉のまとめ集

温泉のブログ、twitter、インスタグラムをまとめました。

友達と共有する

秋保温泉 8576

秋保温泉 - 秋保温泉

秋保温泉(あきうおんせん)は、宮城県仙台市太白区秋保町湯元(旧国陸奥国、明治以降は陸前国)に位置する温泉である。仙台都心からも近いため、宿泊のみならず、日帰り入浴にも利用されている。同じ宮城県の鳴子温泉、福島県の飯坂温泉とともに奥州三名湯の1つとして数えられる。また古くは「名取の御湯」と呼ばれ、兵庫県の有馬温泉や愛媛県の道後温泉と並んで「日本三名湯」の1つに数えられた。

出典:Wikipedia

新バージョンのまとめ集もCHECK!

情報のストック、お気に入り、会員登録、掲示板など機能が満載

新・秋保温泉のまとめ集

Twitter (#秋保温泉)

3分前

@wind_and_resort

奥州の三名湯 飯坂温泉・鳴子温泉・秋保温泉
3時間前

@KISSanCRY

本当は秋保神社も行きたかったけど、調べても調べても難しかった😥バスはあっても神社に着いてから2時間空いたり、間タクシー乗らなきゃ繋がってなかったり、ここまでアクセスが悪いとは😱でもまた次回仙台に行く理由ができたと思えば!秋保温泉とセットで参拝に行きたいな💕近いうちに😊
4時間前

@katudonbot_

秋保温泉に行って来たぞほほ〜い♪  人との繋がり みんな寂しいんだ 愛し合いたいんだ
6時間前

@Mattsu_waka

友人と秋保温泉に一泊って話もあるけど近場だし、遠くもいいよね。
6時間前

@sayokodd

秋保温泉も行きたい、さいちのおはぎと惣菜買って秋保グランドホテルの温泉入ったあと解放されてる大広間で食べるの。
6時間前

@Mattsu_waka

定義からの秋保温泉は神って実感した先週。
6時間前

@etokbc

仙台空港と秋保温泉結ぶバス 運賃半額キャンペーン:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

秋保温泉の関連動画

2019/01/10
仙台奥座敷 秋保温泉 2019
2019/01/08
篝火の湯 秋保温泉2019
2018/12/14
【4K車載】秋保温泉~愛子方面へ♪県道132号線【仙台市太白区~青葉区】2018年11月
2018/12/12
【4K車載】秋保大滝~秋保温泉方面へ♪県道62号線(仙台市太白区)2018年11月

秋保温泉のQ&A

1年前
宮城県の秋保温泉と松島温泉で良い旅館を教えて下さい。
1月下旬に夫婦で温泉旅行と考えています、秋保温泉1泊と松島温泉で1泊と考えていますが、おすすめの旅館をお願いします、出来ればコースもせり鍋コースとか蟹コースとか、お願いします...
1年前
11月下旬に宮城県の秋保温泉を旅行します。車はスタッドレスタイヤがいいのか?
宮城県の秋保温泉に行ったことがある方か、地域の方にお伺いしたいのですが、秋保温泉は雪が降るかと思いますが、路面凍結とかありますか? その際スタッドレスタイヤは必須でしょうか? ...
1年前
秋保温泉までのアクセスについて
仙台への出張帰りに秋保温泉の蘭亭に宿泊します。 仙台から仙山線で愛子駅まで行って、そこからタクシーで蘭亭まで行こうと思っているのですが、 20時ぐらいで愛子駅でタクシーはつか...
1年前
秋保温泉
出張で金曜日に仙台駅付近に宿泊します。 せっかくなので土日は観光したいのですが、秋保温泉は仙台駅からどれぐらい時間のかかるところ なのでしょうか? 仕事終わりに秋保温泉に宿泊...
3年前
秋保温泉。どちらがおすすめでしょうか?
ゴールデンウィークに温泉に行き、ゆっくりする予定です。 秋保の佐勘か緑水亭で迷っています。 佐勘は若干高いですが、チェックアウトが遅くゆっくりできそうだなぁと思っています。...
5年前
仙台-松島-鳴子温泉-秋保温泉観光
フランス人の友人を連れて、春に3泊4日で旅行予定です。 車はないのですべて、電車・バスで移動します。 (ジャパン・レイル・パスを使うので、できる限り、JRを使って移動予定) 一度も訪...
6年前
秋保温泉あたりでデイユースの会食ができるところ
父の喜寿のお祝いの席を設けたいと考えています。 本来なら一泊してゆっくり過ごしたいのですが、孫にあたる甥や姪、私の子ども達も部活動や受験生などで時間的に難しいようです。 仙...

温泉のまとめ集が気に入ったら
「いいね!」をしよう!

MATOMEDIAの最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本日の注目ニュース

温泉について

温泉(おんせん)は、地中から湯(熱水泉)が湧き出している現象や場所、湯そのものを示す用語である。その熱水泉を用いた入浴施設やそれらが集まった地域(温泉街、温泉郷)も一般に温泉と呼ばれる。人工温泉と対比して「天然温泉」と称する場合もある。

熱源で分類すると、火山の地下のマグマを熱源とする火山性温泉と、火山とは無関係に地熱などにより地下水が加温される非火山性温泉に分けられる。含まれる成分により、様々な色、におい、効能の温泉がある。

広義の温泉(法的に定義される温泉):日本の温泉法の定義では、必ずしも水の温度が高くなくても、普通の水とは異なる天然の特殊な水(鉱水)やガスが湧出する場合に温泉とされる(後節の「温泉の定義」を参照)。温泉が本物か否かといわれるのは、温泉法の定義にあてはまる「法的な温泉」であるのかどうかを議論する場合が一般的である(イメージに合う合わないの議論でも用いられる場合がある)。アメリカ合衆国では21.1度(華氏70度)、ドイツでは20度以上と定められている。

出典:Wikipedia

スポンサーリンク

公式Facebookページ

更新情報をチェック

スポンサーリンク